若い頃の肌を取り戻す

看護師

頭に入れておきたいこと

年齢を重ねるごとに肌にも異変が生じることもあります。その際、顔にシミができて気になるようになり、どうにかしようと皮膚科を利用する方も中にはいるかもしれません。皮膚科へ足を運んでシミのことを医師に話していくと、塗り薬や飲み薬を処方してもらうことができます。ただ、その薬で完全にシミをなくしていけるのか不安になる方もいることでしょう。可能な限りシミをなくしたい場合、薬よりもレーザー治療が効果に期待が持てます。しかし、レーザー治療においては火傷などの危険性が出てきてしまい、そして治療後の傷跡はかさぶたになり人の目につきやすくなります。もし、時間をたっぷり費やして治療を進めていくのであれば、飲み薬や塗り薬を使用するのが効果的です。皮膚科のシミ治療において、多く使用される塗り薬には何があるかというと、ハイドロキノンクリームというものがあります。ハイドロキノンに関しては化粧品にも使用されるものでもあり、濃度の決まりがあるため医薬品の方が高い濃度につくられています。しかし、ハイドロキノンというのは高い効果を持っている一方、特に初心者には扱いづらいというポイントもあります。そこで、保存方法としてのアドバイスですが、ハイドロキノンの薬は一般として冷蔵庫の中で保存をすることが大事です。それと紫外線に反応を示すため、日中使うのはなるべく控えるようにしてください。おそらく薬が処方される際、皮膚科の医師から注意すべきことで話をされるので、きちんと頭に入れておきましょう。仮に、軽めの気持ちで薬を使用する場合、薬を塗布した部分に白班が生じたり、その反対にシミがたくさんできたりといった症状が現れることもあるため、意識しながら薬を扱うことが重要となります。シミをなくすために薬を使うことは良いことでもありますが、薬だけでシミがなくなったとしても、皮膚にダメージがいってしまえばまったく無意味になってしまいます。ハイドロキノンクリームなどは乾燥肌をつくりやすいとされているため、薬を使う際にはしっかりと保湿ケアをしていきましょう。

顔を触る人

肌をきれいにするために

顔のシミが気になる場合、皮膚科へ行って治療を受ける必要があります。その際、レーザー治療と薬を用いる治療がありますが、人それぞれ効果の現れ方が違ったり治療後のケアが必要になったりするので、そのことを頭に入れておきましょう。

女性

今までの肌にさようなら

シミができた場合、市販のクリームで対処する方法や皮膚科へ行ってシミ消しクリーム処方され治療するやり方があります。処方されるクリームには、ハイドロキノンとトレチノインの二種類がありますが、基本的には保険はきかないので薬代はやや高くなります。

女性

さらに美しくなるために

昔はまったくなかったシミが、歳をとるうちに目立つシミとして現れてくることもあるでしょう。その場合、実際シミのケースもありますが肝斑の可能性もあるので、どちらかはっきりしない場合には信頼できる皮膚科へ行き、ドクターと相談するのが一番でしょう。

医者

肌の治療を受けるとき

美容皮膚科でシミの治療を受ける場合、クリニックを探す段階で、院長の治療に対する熱い思いがホームページで書かれてたり、診察時にこちらの思いを聞いてくれる皮膚科を選びましょう。治療に対するメリットとデメリトを説明してくれるクリニックも非常に良い所でありましょう。

ナース

基礎知識と治療の方法

シミとは、皮膚の中で作られるメラニンという色素が、沈着したものをいいます。そして、その治療は、皮膚科で受けるのが良いでしょう。皮膚科での治療方法は、症状の重さによって、レーザーによる治療や、外用薬による治療や、内服薬による治療があります。