女性

肌をきれいにするために

顔を触る人

注意点とは

顔にシミができてしまった場合、意識すぎると精神的にも不安定になります。シミを取るためには皮膚科を利用したシミ取り治療がありますが、今現在ですとレーザーを用いた治療が最も効果が現れるとされていて、多くの方から人気を集めています。では、皮膚科においてのレーザー治療の良い点には何があるかというと、一番はその即効性が挙げられます。シミのある部分にレーザーを当てていき、およそ一週間もすれば治療したポイントがシミと一緒に剥がれていきます。そして、ピンポイントにケアできるというのも良い点になります。レーザーというのは、黒くなったポイントにターゲットを絞り、レーザーを当てていきます。ピンポイントにやっていけることからも、健康な皮膚にダメージを与えることなく治療を進めていけます。また、治療を終えた後すぐさまお風呂に入ったり、化粧をしたりすることも可能となっています。ただ気をつけることは、シミの状態や肌質により良い点を感じるは人それぞれなので、誰もがまったく同じ効果を得られるわけではありません。治療した後レーザーを照射した部分に関しては、かさぶたがつくられていきます。大体一週間でかさぶたがなくなるまで、アフターケアが必要になるので覚えておきましょう。ガーゼを用いて保護したり、治療した部分に軟膏を塗ったりするなど、きちんとした紫外線対策を行い皮膚を守るよう気をつけることが大切です。皮膚科のシミ取り治療に関しては、レーザー以外のやり方もあります。医者の診断によっては、皮膚の状態から即レーザー治療に入っていくわけではなく、皮膚科においては薬を使用してシミをなくす治療方法をとることもあります。まず、外用薬を使う治療方法があり、美白成分が入った軟膏などを塗っていくことで、シミに作用していきます。高めの濃度となっているので効果に期待が持てますが、皮膚へかかる負担も多少あるので、肌トラブルが発生しないよう注意する必要があります。それから、内服薬を使用する治療方法もあります。ビタミンC誘導体など、肌のターンオーバーを促進することで体の内側からメラニンに作用し、色素沈着を落ち着かせていきます。以上のことにより、レーザー治療においては、効果がすぐに目に見えてわかることが最大のメリットでもあります。しかし、薬を使う治療は時間をかけながらシミに作用するので、心にゆとりをもって治療を受けることが大事です。