手作りの婚約指輪で気持ちを伝えよう|喜ばれるリング

指輪

失敗しない指輪選び

指輪

こんな選び方は間違いです

結婚指輪の間違った選び方を紹介します。一つ目は、どちらか片方の意見だけを優先してしまうことです。特に女性は結婚指輪にこだわりを持っている人も多いと思いますが、男性の意見を一切取り入れないと言うのはいけません。仕事の時でも結婚指輪を外さないのであれば、デザインや宝石の有無などは一緒に考える必要があります。男性も女性に任せるのではなく、金銭面以外でも自分の意見を言うようにしましょう。二つ目は、デザイン重視で選んでしまうことです。もちろん気に入ったデザインを見つけるのは大切ですが、つけ心地が悪かったり、宝石が邪魔になるようでは、毎日つけるものとしてはふさわしくありません。また自分の指の長さや太さには、どうしても似合わないデザインと言うものがあるので、つけた時のバランスを見ることが大切です。三つ目は、ブランドにこだわりすぎないことです。結婚指輪ともなると、周りの目も気になるし、有名ブランドの指輪を選びたい気持ちは分かります。しかし見栄だけで、すすめられるがままに高価な結婚指輪を購入しても、結局はタンスの肥やしになってしまいます。自分たちの中で予算を決めてさえおけば、ブランドにこだわる必要はないのです。有名ブランドでなくても、値段もデザインもつけ心地も自分たちにぴったりの指輪は必ず見つかります。結婚指輪は一生つけるものなので、無理をし過ぎても、妥協しすぎても後悔につながります。予算もそうですが、気持ちに余裕を持って選ぶことをおすすめします。