女性

肌の治療を受けるとき

医者

望ましいクリニックとは

シミができた場合、美容皮膚科にかかって治療するのが、一般的な方法です。どの美容皮膚科にかかるのかが、悩みですが、まずインターネットで検索をかけてみましょう。たくさんの美容皮膚科がヒットしますが、その中で気になる美容皮膚科のホームページを見てみましょう。一番に、院長の名前が出ていることが大切です。チェーンクリニックの場合、院長がそのクリニックに長く在籍していない場合がありますので、一人の医師に継続的に診察が受けられない場合があります。つぎに、院長自身の治療に対する熱い思いが載っているかどうかも注意点の一つです。もう一つ大切な点は、シミの治療には1つずつがどのくらいの大きさかと、できてどのくらいの時間が経過しているかによって治療法も違います。ホームページにおいては、そのクリニックにどんな器具が置かれており、その器具を使った場合、どの程度の費用が掛かるか記入しているかどうかも美容皮膚科を選ぶ時のチェックポイントとなります。通いたいクリニックを選ぶと、初診時に、まずしっかりと話しを聞いてくれるかどうかが大切です。シミは美容皮膚科にかかれば、それで解決するわけではありません。治療の副作用についても説明してくれるクリニックを選びましょう。この治療ですが、保険でできる治療は飲み薬のみです。すぐに効果があるわけでなく時間がかかるでしょう。シミができてすぐの場合、ソバカス程度の出来立てのシミが一つでしたら外用剤での対応もありますが、その数が多ければ光の治療が選択されます。レーザーを選べば、1週間程度でシミがかさぶたになり、かさぶたがとれるとピンとれるとク色になりますが、1か月程度で普通の肌色になってきます。シミの色が濃い場合や、大きい場合はレーザー治療を2〜3回繰り返すことになります。クリニックによっては、ケミカルピーリングとイオンを導入する場合もあります。できて数年の大きなシミの場合は、レーザー治療であり、顔全体のシミの場合は、光治療が選択されます。3〜6回は照射する必要があり費用も高くかかります。最初の診察で、費用とか経過に関しても詳しい説明があり、治療のメリットのとデメリトにもと説明をしてくれる美容皮膚科であれば信頼できるでしょう。